TOP100シリーズ:欧州編

西洋文明の発祥地である欧州大陸には、人間が作った驚くべき建造物美しい建築が数多くあり、すでに皆さんよくご存じだろう。しかし実は、自然と歴史の見どころも多く、中にはあまり知られていないところもある。そこで今回知ってもらおう!

興味深いことに、欧州における自然と歴史の見どころはほとんどすべて、海岸沿い、海岸の近く、または島に存在している。内陸の奥深くには、「トップ」と呼べるほどのものはほとんどないのだ。しかしそれは問題にならない。欧州には海岸線も島もたくさんあるからだ(笑)。よし。いざ出発!…

欧州

28.  アイスランドの火山

地球上でも特に火山活動が活発な地域だ。火山、間欠泉、温泉、それに「アイス」(氷)と付く国名から連想されるとおり、氷河と北国の厳しい気候。私は2015年の夏に訪れたばかりだ。この世のものとは思えない風景だった。カムチャツカと肩を並べるほどだ。見たのはほんの一部にすぎないが。再訪して、行けなかった部分も探訪しなければ…

Source

出典

続きを読む:TOP100シリーズ:欧州編

TOP100シリーズ:南米編

南米

地球上をのんびり移動するTOP100ツアーの続き、今回は南米の見どころを紹介する。

たくさんあるのだ…

18. エンジェルフォール、ベネズエラ

世界最大の落差のある滝で、水が落下する距離は1km近くある。私はまだ行ったことがないが、べた褒めの感想を聞いたことがあるし、ものすごい写真を見たこともある。

Source

 

続きを読む:TOP100シリーズ:南米編

Flickr

  • Kaspersky HQ
  • Kaspersky HQ
  • Kaspersky HQ
  • Kaspersky HQ

Instagram Photostream

日本での災難とF1観戦

日本には仕事でよく行っている。

飛行機の座席を立って荷物を取って空港の出口に着くまでに通過する手続は、通常は迅速で効率的だ。しかしたまには、スムーズに事が運ばないこともあるようだ。つい先日、関西空港に降り立ったが、入国審査の列に2時間も並ばされた!このとおり、大勢の旅行客が不機嫌そうにしていた。こんなことはとにかく…あってはならない。まったく日本らしくない。人員を増やすのがそんなに難しいことだろうか?どうなっている?

続きを読む:日本での災難とF1観戦

TOP100シリーズ:北米編パート2

皆さんこんにちは!

先日より、世界中の素晴らしい絶景スポットや国を紹介する『世界TOP100』の改訂版を掲載しているが、前回に引き続き北米で訪れるべき場所(私見だが)の第2弾をお届けする。ちなみに北米とは、中米諸国とカリブ海の島々を含む北米大陸を指している(当たり前か?)。

まずは、この地域の写真をいくつか見ていただこう…

1258398_original 続きを読む:TOP100シリーズ:北米編パート2

TOP100シリーズ:北米編パート1

皆さんこんにちは!

始めたからには、いつかは終わらせようと思う。長ったらしいまえがきで述べたとおり、最新版『世界TOP100』をいくつかのパートに分けてご紹介する。すでに別冊版『TOP20都市』はお届けしたので、今度はTOP100の中から都市以外で絶対に訪れるべき場所を17か所ピックアップした。いずれも、最初にピックアップを始めた北米に点在する。驚嘆すべき光景が広がるこれらの場所を簡単に紹介していこう。ラッキーなことに、ほとんどの場所はプライベートで訪れることができたし、どこも自然や人工物、独特な何かがぎゅっと凝縮されているようだ。今回のブログではまず10か所を、次のブログでは残り7か所をご案内しよう。

ところで、なぜ北米なのかって?というか、なぜこの大陸を最初に選んだのか?

なぜかと言うと、(普通は)世界地図の左上に描かれている大陸から始めるのが自然だと感じたからだ。まず北米からスタートして、中米、南米へと進み、大西洋を渡ってヨーロッパに入り、ロシアを越えて東の果てへと皆さんをお連れしよう。それから西に戻り、南下して中東へ入り、中央アジアからインド、インドシナ半島を抜け、中国へと北上して周辺地域をお見せする。そして再び西に戻ってから、アフリカ、オーストラリアとオセアニア地域へと東に進む。最後の締めは南極大陸。今のところ考えているルートは、そんなところだ。ということで、準備OKだろうか?携帯電話の電源を切り、ポップコーンと飲み物を用意して、ふかふかの肘掛け椅子に座ったら、いざ旅に出発しよう!

もちろん、私が中国か米国に住んでいて、蛇と梯子のボードゲームのような世界地図を使っていたら、ルートは少しまったく異なっていたと思う。オーストラリアに住んでいたら、世界地図はこんな感じだったはずだ。

na_0

続きを読む:TOP100シリーズ:北米編パート1

新しいTOP20リスト:都市編

やあ、皆さん!

まえがきから続いて今回は、最近作成した世界TOP20都市リストをお届けする。この記事では、世界でも特に興味深い独特な地域、地区、または都市全体について簡単に紹介し、その写真をお見せする。皆さんにいつかは訪れてほしい街だ。当然ながら、私は20都市すべてに行ったことがある。私のメインのリストに掲載した街と違って、ほとんどは頻繁に訪れる街だ。

だが、まずはおさらいから。私のTOP100と今回のTOP20はどうやって作成したのか?

1に、自分自身の目と感性で選ぶ。幸い、私は仕事で1年のうち半年近くは世界各地を飛び回っている。主な目的は仕事だが、観光という楽しみを織り交ぜてもバチは当たらないだろう。当たろうはずがない。

Eugene Kaspersky's top-100 must see places of the world

続きを読む:新しいTOP20リスト:都市編

サンクトペテルブルクで鉄道祭り

ひとくちにミュージアムといっても、いろいろなところがある。

本物の(本来の意味で)美術館や博物館もあれば、展覧会、エキシビション、インスタレーションもあるし…他にその種のイベントを表す言葉としてどんなものがあるだろうか?グラフィティがある!ちなみに、センスよく描かれた質の高いグラフィティは、エキシビションなのだろうか、インスタレーションなのだろうか、それとも破壊行為か?最後の言葉を消したのは、優れたグラフィティ(私見によれば)は本物のアートだからだ。おっと。本題に入る前から本題を外れてしまった。いつもこうだ…

さて、ミュージアムの話だ…

サンクトペテルブルクはミュージアムであふれている。世界随一のミュージアム集積地といっていいくらいだ。

とはいえ、サンクトペテルブルクにあるミュージアムを、たとえばルーブル美術館や大英博物館と比べれば、いくらか見劣りするかもしれないのは承知している。それでも、サンクトペテルブルクが経験してきた過去の困難を考えれば、この街のミュージアムはちょっとした奇跡だ。ミュージアムは、帝政時代以降まともに保護されなかった。70年以上に及んだ共産主義体制下ではもちろん、第2次世界大戦も芸術保護活動にとっては大きな障害となった。ソ連崩壊後の現在も相変わらず、この街のミュージアムは、西側諸国のように国や慈善団体から惜しみない支援を受けることもなく、放置されているような状況だ。あるいは私の考え違いかもしれないが、私にはそう見えるのだ。私が間違っていたらぜひ訂正してほしい。

また話が逸れてしまった…わかっている。本題に戻ろう…

サンクトペテルブルクといえばお決まりの行き先がある。子どもたちが課外授業で出かけるような、典型的で、無難で、伝統的で、ベタなミュージアムだ。だから私たちは当然の成り行きとして、ちょっと見方を変えて、伝統に対抗し、常識に逆らって、型破りにいくことにした!私たちは…鉄道博物館に行ったのだ!

piter-muzey-parovozy-1

続きを読む:サンクトペテルブルクで鉄道祭り

『世界TOP100』2015年版:まえがき

皆さんこんにちは!

お気づきの方も多いと思うが、私は始終地球のあちこちを移動している。移動の目的は仕事(会議、カンファレンス、講演など)であることが多いが、たいてい多少は自由時間も作って、移動先の近くにある面白そうな場所を見に行くことにしている。時には「見て、写真を撮って、整理して、さあ次!」で終わることもあれば、冗談抜きに素晴らしい自然現象や歴史的事象を冗談抜きで真面目に考察するときもある。

こういった世界各地の驚異を見るにつけ、「誰もがこれを見るべきだ」と思うことが多い。そして「この世界で他に見るべきところはどこだろう?」と考えるようになる。地球上で最も興味深く、美しい場所はどこだろうか?かつて(ずいぶん前だが)私は、『世界の美しい場所トップ100』だったか、何かそんなようなタイトルのものをもらったことがある。同じ頃に『死ぬまでに見たい場所トップ20』というテレビ番組(これも正確なタイトルは思い出せないが)も見た。

どちらについても、最初に頭に浮かんだ感想は「こんなんじゃだめだ」というものだった。作者や番組制作者はおそらくそれほど世界各地を見てきたわけではなく、ましてや素晴らしい場所のリストを作れるほどの経験はないのだろう、と思った。その時だ、かく言う私自身のリスト、「すべての人が(時間とお金が許せば)いつかは必ず訪れるべき、地球上で最も素晴らしく興味深い場所」(だったかな)を作ろうと決めたのは。

New Zealandニュージーランド

続きを読む:『世界TOP100』2015年版:まえがき

ホテルから大聖堂へ

スコットランドには前々から行きたいと思っていたが、先日ようやく訪れることができた。といっても、セント・アンドルーズに2日滞在しただけだ。非常に充実した2日間ではあったものの、スコットランドを「体験」できたとは言いがたい。あまりに短い滞在だった。ちゃんとしたスコットランド旅行をしようと思えば、何日もかけて同地を巡り、湖のほとりを車で流して、山々を歩く必要がある。そう、スコットランドには山が多いのだ。飛行機が離陸したとき、はるか北方にある山の頂が雪で覆われているのを、はっきりと見ることができた。残念だが、今回の滞在では登れそうにない。

スコットランドの景色は、デスクトップの壁紙に設定してくれと言わんばかりの絶景だ。さあ、ご覧あれ!

scotland-views-2
続きを読む:ホテルから大聖堂へ