月ごとのアーカイブ:3月 2017

SAS 2017:カリブ海でサイバーサミット

はるか昔、デジタル時代よりも前、世界には巨木のような大企業が立ち並んでいたが、Kaspersky Labは小さな盆栽にすぎなかった。その頃から、我々は情報セキュリティにおいて最も進歩的な少数精鋭のエキスパートのための年次カンファレンスを開催するようになっていた。我々はこのカンファレンスをSecurity Analyst Summit(略して「SAS」、「サス」と読む)と名付けた。そして開始当初から、この手のイベントの中でも世界屈指のものにしたいと考えていた。「屈指」とは、内容の点でもそうだが、

リラックスした楽しめる雰囲気の点でも「一番」ということだ。

続きを読む:SAS 2017:カリブ海でサイバーサミット

StoneDrill:Shamoonに似た強力なワイパー型マルウェア

私のブログの読者である皆さんなら、当社のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)をご存じだろう。世界中に散らばる一流のサイバーセキュリティエキスパート40名強から成るチームで、メンバーは皆、高度なサイバー脅威からお客様を守る専門家たちだ。GReATのエキスパートたちは、好んで自分たちの業務を古生物学に例える。古生物学者/サイバーセキュリティエキスパートは、深層ウェブの奥深くに潜む「サイバーモンスター」の「骨片」を調査しているのだ。古くさいやり方だと感じる人もいるかもしれない。今ここにいるモンスターからネットワークを守ろうというときに、はるか過去の「生物」の「骨」を分析することにどんな意味があるというのか?だが、古代生物の骨を調べなければ現在を生きる怪物が見つからないこともある。それを証明する新たな出来事があったので、紹介するとしよう…

ワイパー」と呼ばれるタイプのマルウェアをご存じの方もいるかもしれない。これはマルウェアの一種で、攻撃対象のPCにインストールされると、すべてのデータを消し去ってしまう。PCの持ち主に残されるのは、完全にクリーンアップされた、ほとんど動作しないハードウェアの残骸だ。一番有名(というか悪名高い)ワイパーはShamoonだ。2012年、世界最大の石油会社Saudi Aramcoの端末30,000台以上のデータを破壊し、さらに大手ガス会社のRasGasにも攻撃を仕掛け、中東を多いに賑わせたマルウェアだ。ちょっと想像してみてほしい。世界最大の石油会社に、動かないハードウェアが30,000台以上も転がっている様子を…

Shamoon、Shamoon 2.0、StoneDrill。ワイパーが世界中に拡散中

奇妙なことに、2012年のSaudi Aramcoに対する破壊的な活動以降、Shamoonについてはあまり耳にしなかった。それが2016年、Shamoon 2.0としてカムバックを果たし、中東で新たな攻撃を再開したのだ。

Shamoonによる新たな攻撃の波が始まってから、我々はできるかぎり多くのバージョンを収集するべく、センサーの網を張り巡らせた(Shamoonのようなマルウェアによって当社のお客様が害を被ることがないようにするためだ)。喜ばしいことに、複数のバージョンを発見することができた!それだけではない。予期せぬことに、まったく新しいタイプのワイパー型マルウェアも網に引っかかった。我々はこれを「StoneDrill」と名付けた。

続きを読む:StoneDrill:Shamoonに似た強力なワイパー型マルウェア

Flickr

Instagram