月ごとのアーカイブ:4月 2015

インターネット・インターポール2015

私が「インターネット・インターポール」という言葉を初めて使ったのは、2000年代初頭だった。これをテーマに記事を書き始めたのが2003年だ。それから12年後の今年、長きにわたって論じ、提唱し、主張し、推進してきたことが、ようやく実現した。

インターネットの暗黒面との戦いを専門とする部署が、インターポールに誕生したのだ!

続きを読む:インターネット・インターポール2015

空のインターネット

ふたたび旅路についた…。もっと言うなら、空の旅だ。なので、何度も取り上げているお気に入りのテーマ、フライト、飛行機、その他諸々について、また書くとしよう。

私の2015年は、年明けから飛行機での移動の連続だった。もう30回以上は飛行機に乗っているし、空の上で130時間以上過ごしている。文句を言っているわけではない。空の旅は好きだ。私にとっては一息つける時間なのだから…。本当の意味でリラックスできるのは、飛行機に乗っているとき以外にない!主な理由は、携帯電話の電源を切っていること、そしてインターネット接続がないことだ。なのでようやく、数日分たまった仕事のメールに目を通したり、読書や映画鑑賞ができる(どれも地上にいるときはめったにやらないことだ)。

だが、最近は機内インターネット接続を売りにする航空会社がどんどん増えている。/* しかしだ!「安全のため、飛行中はすべての携帯型電子機器の電源をお切りください。ただし、当機のインターネット(有料)はお使いいただけます」。この明らかな矛盾についてはコメントを差し控える…*/

それはともかく、いつもは航空会社のインターネット接続を勧められても断っていたが、今回は普段と少し違ったことをしてみようと思い、試してみることにした…

実験の場に選んだのは、最近乗ったアエロフロート航空の上海-モスクワの便だ。いつもどおり、何も言うことはない快適なフライトだった(搭乗手続きで理不尽なほど待たされてしまったが。1時間以上も待つとは思わなかった)。いつもと違ったこと(ではあるが、まったく問題ないこと)と言えば、乗客の顔ぶれが普段この便でよく見かけるロシア人と中国人だけでなく、イタリア語やスペイン語を話す人も多かったことだ。「モスクワ経由のアエロフロート航空の便に乗って、ルーブルで運賃を払うなんて!」と思ったが、近くに座っていた親切な乗客は違う意見だった。「そんなことはありませんよ!アリタリア航空やイベリア航空を使うくらいなら、モスクワ経由のアエロフロート航空の方がずっとマシです」。これはこれは、と思った。ちなみに、航空会社、フライト、航路についてはいろいろと書いているので、こちらを見てほしい。

ううむ、話が脱線してしまった。

とにかく、搭乗して飛行機が離陸した後、利用規約に同意して、ついに機内Wi-Fiに接続した!

Inet 1st pageInet 2nd page

続きを読む:空のインターネット

Flickr

Instagram