月ごとのアーカイブ:5月 2013

1 歩進んで、2 歩戻る

「あらゆる物事は緩慢かつ不調和に進む。それゆえにうぬぼれの心を持たないわれわれは、みじめで、混乱の中に取り残されている」

–『Moscow Stations』、Venedikt Yerofeev

このフレーズをアンチウイルス業界の話で持ち出すことになるとは思わなかったが、そのような事態になってしまった。ご存じのように、この世の中ではあらゆることがすんなり進むとは限らない。経済的な状況だとか新しい顧客の必要性というものは、素晴らしい人間をもダークサイドに引き込む力を持っている。このたび、アンチウイルス業界で最も著名なテストラボの 1 つである「AV-TEST」が闇に屈してしまった。

比較テストについて:初心者のための背景知識

何らかの製品のうちでベストなものを選ぼうとするとき、皆さんはどうしているだろうか。そして、ある製品がベストであることはどうしたらわかるのだろうか。専門誌やオンライン情報サイトの比較テスト結果をまず調べてみる人もいるだろう。よくある話だ。アンチウイルスソリューションの場合も同じだ。数多くあるアンチウイルス製品を評価のうえ比較して、結果を公表しているテスト機関はたくさんある。

理由は謎だが(この記事では私がその理由を推測している)、有名なドイツのテスト機関である AV-TEST がひそかに(通告なしで)同社の認証プロセスを変更した。これにはどんな意味があるだろうか。控え目な表現で言うと、新しいルールのもとでなされる認証は、各種アンチウイルス製品の価値の評価にはあまり役に立たない。

そう、私は宣言する。「AV-TEST によるホームユーザー向けアンチウイルスソリューションの認証はもはや、製品の品質を適切に比較できるものではない」と。言い方を変えると、皆さんが自宅の PC を保護するソリューションを選ぶとき、AV-TEST の認証リストは基準としてお勧めできない、ということだ。同じ認証を受けている製品が 2 つあった場合に、その 2 つのパフォーマンスは同じ(もしくはほぼ同等)だろうと考えるのは自然なことだ。AV-TEST の新しい認証基準の場合は、それぞれのテスト結果をよく調べなければならない。調べた結果、99.9% の攻撃をブロックした製品と 55% しかブロックできなかった製品が同じ「認証」を受けていることに気付くかもしれない。

avtest_cert_balance_blue

続きを読む:1 歩進んで、2 歩戻る

リヨンの王様たち

少し前、インターポールのセクレタリーゼネラルであるロナルド・ノーブル氏がモスクワのオフィスにお越しくださった。ノーブル氏は、輝かしい経歴の持ち主だ。フランスのレジオンドヌール勲章の受勲者であり、ニューヨーク大学ロースクールの教授であり、さらに驚くべきことには、Urals State Legal Academyの名誉教授でもあるのだ(ロシア語Wikipediaには彼のページが存在する)。ともあれ、このたびは私の方が足を運ぶ番だ…

eugene-kaspersky-interpol1

フランスのリヨンは、インターポールの事務総局がある土地だ。写真を撮ってもよいかと尋ねてみたところ、嬉しいことに「何でも、お好きなようにどうぞ」という返事が返ってきた。

続きを読む:リヨンの王様たち

Flickr

Instagram