Skip to content

ビーチ嫌いも楽しめるドバイのウォーターパーク

ビーチリゾートで(ぼんやりと)過ごす休暇というのは、どうにも好きになれない。

砂浜、日光浴用のベッド、パラソル、「爽やかな」トロピカルドリンク、そして日焼け止め…。こういう拷問に耐えられるのは、せいぜい2~3時間だろう。その後は浜辺の散策を始める。一度に数キロ歩くこともあり、だいたいはカメラを持って行く。ずっとダラダラするよりはいいだろう。ビーチを歩き、日焼けして、気が向けばひと泳ぎし、道中で気になったものがあると写真を撮る…。ドミニカを訪れたときは、D.Z.と2人でこんな風に4時間ほど歩いたものだ。最後には、恐ろしい日焼け止めの広告モデルみたいになってしまった。

要するに、海、砂浜、ビーチベッド、日光浴というのが苦手なのだ。だが、例外もある。

例外その1: 非常に慌ただしい出張のときは飛行機でタイムゾーンをいくつか越えるので、ホテルに着くと疲れたというか、精根尽き果てた状態だ。翌日に仕事の予定がなく、近くにきれいなビーチがあれば、丸一日ビーチで寝て過ごすこともある。これが本当に効果てきめんで、昼頃に日陰で横になり、夕方に目を覚ませば、疲れがとれて充電完了というわけだ。

例外その2: 当社はよく、ビーチ沿いのホテルでビジネスイベントを開催する(つまり、私にとってビーチとは、遊びではなく仕事の場だ)。何にせよ、Kaspersky Labの設立から18年間で、本当にいろいろな場所に行った。リオデジャネイロのコパカバーナや、オーストラリアのクイーンズランド州のゴールドコースト、などなど。とても都合がいい場所だ。昼の間は仕事をして、夜はリゾートスタイルで楽しい時間を過ごす。仕事が終わったあと、もう何泊かしたくなる気持ちもわかってもらえると思う(笑)

前置きがだいぶ長くなってしまったようだが、今回の本題は、ドバイのリゾートホテル「アトランティス・ザ・パーム」にあるウォーターパークだ。
dubai-atlantis-1 もっと見る: ビーチ嫌いも楽しめるドバイのウォーターパーク

アンチウイルスにまつわる亡霊を追い払う

世紀が変わる頃に当社がリリースしたアンチウイルス製品は、一番の失敗作だった。まったくもって失敗だった。マルウェア対策という面では非常に強力で、設定機能もオプションも豊富に備えたバージョンだったが、それまでのバージョンに比べるとサイズは大きいし、遅くて扱いにくいという欠点があった。

「誰の責任だったのか」「他にどうすればよかったのか」というわかりきった質問を繰り出して仮定の話をこね回すことも可能だが、そうするつもりはない(そのとき人事上の重大な決断をいくつか下した、とだけ言い添えておこう)。「たられば」の話をしたところで、「そのときの失敗がなければ、我々の会社は今頃どうなっていたか」など誰にもわからないだろう。重要なのは、我々がどうやって過ちを認め、基本に立ち返り、そして次のバージョンではすべての点で競合他社を凌ぐに至ったのかを明らかにすることだ。実際、そのエンジンがあってこそ、当社は世界全体でのアンチウイルス製品の小売販売実績で優位に立つことができたのであり、その分野で当社のシェアは伸び続けている。

当社の失敗後の製品は、パフォーマンス(効率性ともいう。スキャン中にどれだけのシステムリソースが使われるかということだ)を含めて多くの点ですべての競合他社の製品を凌いでいた。これは確かだ。しかし、遅いというイメージは何年も当社につきまとった…。いや、率直に言って、今でも拭いきれていない。人の記憶は長持ちするし、新しい事実に耳を傾けようとはしないものだ。当時、競合他社はインターネット上で悪評を立てることに多くの労力を注ぎ、今でもそれをやめられないでいる。まあおそらく、その他に当社の評判を汚す口実がないからだろう(笑)。

春の大掃除の時期はとっくに過ぎてしまったが、ここで過去数年の間にたまった当社製品の効率性に対する風評を一掃しようではないか!

ここに、最近のアンチウイルス製品パフォーマンステストの結果を紹介する。定評のあるテスト機関数社の結果からの厳然たる事実のみだ。このデータを材料にいろいろと考えることができる。他のベンダーの結果を見て、比較し、自分なりの結論を出してほしい。
もっと見る: アンチウイルスにまつわる亡霊を追い払う

青ヶ島旅行記その2:八丈島

その1を軽く振り返ろう。

7時のフライトで東京(羽田)から八丈島に飛び、短い乗り継ぎ時間の後、ヘリコプターで青ヶ島に移動して、1日そこで動きまわって過ごした。島の隅から隅まで登り歩き、景色を見て、写真を撮った。実に美しい!

翌朝は、ぼんやりとしたデジャヴュの感覚を覚えた。再び7時30分というあり得ない時間に目覚めたが、今回は「ボーイスカウト」のキャンプのように、ホテル中のスピーカーから響く朗らかなアナウンスの声と一緒だ。「ピンポンパンポーン、オハヨウゴザイマス」(日本語で「good morning」)。さらに何やら日本語でしゃべっていたが、私に聞き取れたのは「アリガトウ」と「クダサイ」だけだった。私たちは藁のマットレスから起き上がり、朝食を取り、前日と同じヘリポートに向かった。

お忘れの方がいるかもしれないのでもう一度言うが、ヘリコプターは1日1便だけ、しかも天候が良いときだけ運行する。天候が悪ければヘリコプターは飛ばない。八丈島から青ヶ島への便は9時15分発で、(私たちが確認したところでは)9時40頃に青ヶ島に到着する。着陸後、ヘリポートにつきもののあれやこれやの仕事があって、つまり「本土」との間の貨物の荷降ろしや積み込みをしたり、新しい乗客(青ヶ島の住人や個人旅行客)を乗せたりして、再び八丈島に向けて飛び立つ。

そういうわけで、帰りの便では午前11時30分頃に八丈島に降ろされた。東京(羽田)へのフライトは午後5時20分発だから、およそ6時間、自由に使えることになる。その時間をどのように過ごすべきか?それならやっぱり、レンタカーを借りて「温泉」だ!実際、そう考えたメンバーもいた。残念!私は地図を見ていて島の火山の頂上へ至る道を見つけ、まったくの思いつきだったが、我々一同その八丈富士という山(日本にある聖なる山はみな「富士」と呼ばれるようだ)に登ることにしたのだ。

2.

hachijojima-island-japan-2

もっと見る: 青ヶ島旅行記その2:八丈島

青ヶ島旅行記その1

ある日インターネットを見ていたら、日本のとある不思議な島についての記事に出くわした。簡単にはたどり着けず、美しく、同時にとても興味深い場所、青ヶ島だ。東京から数百kmほど南下し、フィリピン海と太平洋の境界線上にあるという。私は思った。「これは見に行く価値があるな」。そしてこのたび、青ヶ島で週末を過ごしてきた。なかなか面白い島なので、皆さんにもお勧めしたい!

さて、青ヶ島とはどのような島なのか。

噴火で島の内側が凹んだことで造られた古いカルデラ火山で、カルデラ内には数百年前、とてもきれいな円錐状の新火山が隆起した。

航空写真で見ると、このような感じだ。

もっと見る: 青ヶ島旅行記その1

特許トロールを利用する投資家

起業にはリスクが伴い、勢いがつくまでに時間がかかる。多額の資金を用意しなければならず、先を見通す才能や、儲かる投資先をみつける嗅覚も必要だ。ビジネスが本当の意味で軌道に乗るには何年もかかり、早期に廃業しない新興企業は20社に1社といったところだろう(もっと少ないかもしれない)。

ベンチャー投資家は昔から新興企業に資金を提供してきたが、最近、新しいタイプのベンチャー投資家が出てきている。「神経をすり減らしてまでリスクの高い新興企業に金を出す気はない。簡単に儲けられる投資先なら、特許トロールがいるじゃないか」という投資家だ。こういった新手の投資機関の1つに、Bentham IMFがある(サイトアドレスは意図的に掲載していない。同社のSEO対策を手助けしたくないからだ。どうしても見たいという人は、自分で検索してみるといい)。

やり口は単純そのものだ。裕福な被害企業を相手取った低リスクの特許訴訟に、100万~1,000万ドルほど資金を出す。訴えられた企業は、1件あたり1,000万~1億ドル以上を支払うこともある(つまり、投資額の10倍の利益を狙うということだ)。米国の特許トロールは(敗訴したとしても)被告企業に一銭たりとも支払わず、裁定される「損害賠償額」や和解金の割合は平均で99%にもなる。こういった要因が重なって、事実上利益が保証されたベントチャー投資となっているのだ!

イノベーションなど誰も必要としていないのだから、小規模な特許トロールに「投資」して、革新的な企業から金を巻き上げるを提訴できるようにしてやる方がずっと良いというわけだ。すばらしい。アメリカンドリームという概念が根底から覆ってしまった。今や特許がアメリカンドリームに成り代わっている!

Bentham IMF

もちろん、この法に則ったゆすり行為には表向きの根拠があり、法律の遵守、普遍的な正義、悪質な違反者の処罰を建前にしている。だが、どれだけ理屈を並べたところで、トロールはトロールだ。この純然たる事実が変わるわけではない。 もっと見る: 特許トロールを利用する投資家

たまには一休みしよう、ニッポン

永遠に感じられる旅に疲れを覚えた長距離旅行者は、たっぷり水をたたえた場所へ骨休めに行くことが多い。緊張を解きほぐし、少しリラックスすることで、ゾンビ状態からやや普通の状態へと復帰するためだ。いつもならシャワーを浴びたり、お風呂に浸かったりして済ませるところだが、ときには冷たいプール付きのバーニャ(ロシア式のサウナ)へ出向くのもいい。

だが、最大級のリラックス効果を味わえるのは、お風呂と最高の料理がミックスされた日本の旅館だけだ。あっという間に気力・体力ともにフル充電できる。先ごろ、日本の富士山からほど近い伊豆半島にある「伊豆高原 花吹雪旅館」で、まさにそんな体験をした。本当にゆったりくつろぐことができたのだ。

旅館を知らない人たちのために説明しておこう。昔ながらの日本のホテルで、一般的に部屋はそれほど広くなく、床が畳になっており、最高の日本料理を味わいながら、温泉にも入れる場所だ。

ただし、日本人以外の読者に、注意してほしいことがある。まず日本の文化を勉強することだ。文化を知らないゆえの不作法は、良くて相手を困らせ、最悪の場合は国際問題に発展しかねない(笑)。ベストなのは、日本人の友達や同僚と一緒に宿泊することだ。そうすれば、意図せぬ混乱や非礼を招くこともない。日本人と一緒に泊まれば、彼らの庇護のもと、日本人の気分になって安心して楽しめる。数日かけて体力を回復し、心に元気を与え、精神の活力を取り戻すことができるだろう。

体と心を元気にするのは、料理と温泉だけではない。この時期はまだ桜が咲いており、趣のある古風な小屋、ぬくもりを感じる小道、そしてあり余るほど咲き乱れる花々。最高だ。

izu-japan-1

izu-japan-2

もっと見る: たまには一休みしよう、ニッポン

初めて訪れた者から見たシンガポール

皆さん、こんにちは!

D.Z.は極めて優秀で、尊敬を集めているKaspersky Labメンバーの1人だ。20世紀から当社に在籍している(2000年代半ばに短めのクリエイティブ休暇を取りつつ)。私と一緒に地球上のありとあらゆる場所へ、数えきれないほど旅をしたが、驚いたことにシンガポールを訪れたことはなかった。彼は渡航するときはいつも、頼りになる大きな黒い(一級品の)デジタル一眼レフカメラと、10種類以上のレンズを携行する。このブログ(やその他)に掲載されているプロレベルの作品のほとんどは、こうした道具によって生み出されているのだ。また、彼は素晴らしいストーリーテラーでもあり、私が伝えたい話を、その内容が何であれ、すべてうまくまとめてくれる。これほどまでに才能あふれ、Kaspersky Labで確かな地位を確立したメンバーであるにもかかわらず、D.Z.はこれまで出会った中で最も謙虚な男と言える。

D.Z. et moi

謙虚な男…と私(1999年)

先ほども書いたように、D.Z.にとって今回が初めてのシンガポール訪問だったとは驚きだ。彼はシンガポールを大いに気に入り、いつもよりたくさん写真を撮って、長文の記事まで寄せてくれた。「初めては特別」とは、よく言ったものだ。また、何度も訪れているせいか、はたまたノンストップで世界中を飛び回って疲れているせいか、私には感じられなくなった異国の地の何かを、フレッシュな瞳を通して見つけ出せるようだ。そこで、今回のブログはD.Z.に筆を譲り、この驚くべき都市との「初めて」の出会いについて語ってもらうことにした。これまでと違う、新鮮な視点でお送りする。

一言だけコメントを付け加えておく。シンガポールの偉大なる人物について知りたいなら、リー・クアンユー(Lee Kuan Yew)著『リー・クアンユー回顧録』を読むといい。

では早速、D.Z.の記事をお届けしよう。

もっと見る: 初めて訪れた者から見たシンガポール

インターネット・インターポール2015

私が「インターネット・インターポール」という言葉を初めて使ったのは、2000年代初頭だった。これをテーマに記事を書き始めたのが2003年だ。それから12年後の今年、長きにわたって論じ、提唱し、主張し、推進してきたことが、ようやく実現した。

インターネットの暗黒面との戦いを専門とする部署が、インターポールに誕生したのだ!

もっと見る: インターネット・インターポール2015

空のインターネット

ふたたび旅路についた…。もっと言うなら、空の旅だ。なので、何度も取り上げているお気に入りのテーマ、フライト、飛行機、その他諸々について、また書くとしよう。

私の2015年は、年明けから飛行機での移動の連続だった。もう30回以上は飛行機に乗っているし、空の上で130時間以上過ごしている。文句を言っているわけではない。空の旅は好きだ。私にとっては一息つける時間なのだから…。本当の意味でリラックスできるのは、飛行機に乗っているとき以外にない!主な理由は、携帯電話の電源を切っていること、そしてインターネット接続がないことだ。なのでようやく、数日分たまった仕事のメールに目を通したり、読書や映画鑑賞ができる(どれも地上にいるときはめったにやらないことだ)。

だが、最近は機内インターネット接続を売りにする航空会社がどんどん増えている。/* しかしだ!「安全のため、飛行中はすべての携帯型電子機器の電源をお切りください。ただし、当機のインターネット(有料)はお使いいただけます」。この明らかな矛盾についてはコメントを差し控える…*/

それはともかく、いつもは航空会社のインターネット接続を勧められても断っていたが、今回は普段と少し違ったことをしてみようと思い、試してみることにした…

実験の場に選んだのは、最近乗ったアエロフロート航空の上海-モスクワの便だ。いつもどおり、何も言うことはない快適なフライトだった(搭乗手続きで理不尽なほど待たされてしまったが。1時間以上も待つとは思わなかった)。いつもと違ったこと(ではあるが、まったく問題ないこと)と言えば、乗客の顔ぶれが普段この便でよく見かけるロシア人と中国人だけでなく、イタリア語やスペイン語を話す人も多かったことだ。「モスクワ経由のアエロフロート航空の便に乗って、ルーブルで運賃を払うなんて!」と思ったが、近くに座っていた親切な乗客は違う意見だった。「そんなことはありませんよ!アリタリア航空やイベリア航空を使うくらいなら、モスクワ経由のアエロフロート航空の方がずっとマシです」。これはこれは、と思った。ちなみに、航空会社、フライト、航路についてはいろいろと書いているので、こちらを見てほしい。

ううむ、話が脱線してしまった。

とにかく、搭乗して飛行機が離陸した後、利用規約に同意して、ついに機内Wi-Fiに接続した!

Inet 1st pageInet 2nd page

もっと見る: 空のインターネット

マサチューセッツの大雪と、Kaspersky Lab米国進出10周年

米国には数え切れないほど行った。

だいたいは短期間の滞在で数か所を回るだけだが、いつも後からおもしろい話をいろいろとお伝えしている。だが、今回はない!滞在中は仕事漬けの毎日だった。残念ながら、今回の記事に心躍るような楽しい話はないだろう。ただ、珍しい話題を少し…

まずは…雪の話だ!

…そう聞いて不思議に思った人もいるかもしれない。ロシア人が他の国の雪に興味を持つわけがない、と。毎日いやというほど見ているはずなのに?だが、それは違う。当地で、合衆国において、これほど降り積もった雪を見たのは生まれて初めてだ!反射的に、思わず怒りに駆られた。「そんな馬鹿な!雪といえばロシアの専売特許だ!勝手に使われては困る」。奇妙な一言しか出てこない。いや、もう一言。予想外だ。

雪害

Boston snow

前日に訪れたエバーグレーズとは大違いだ

もっと見る: マサチューセッツの大雪と、Kaspersky Lab米国進出10周年