タグのアーカイブ: 製品

あの豚が帰ってきた!

昔々、そのまた昔、我々にはペットの豚がいた。本物の豚ではない。名前もない。ただ、その叫び声が有名になった。Kaspersky Labの製品を初期の頃から使っている人は、何の話かピンときたことだろう。比較的最近使い始めた皆さんのために、事情をご説明しよう…

サイバー古代たる1990年代のこと、我々は自社のアンチウイルス製品に、ある機能を追加した。ウイルスを検知したとき、豚の悲鳴が上がるようにしたのだ!これは、賛否両論だった。

出典

やがて、どういうわけか、この豚の悲鳴は姿を消してしまった。奇しくも同時期に、タスクトレイに表示される「K」アイコンが、もっとモダンで分かりやすいシンボルに置き換わった。

さて、いくつかの企業には熱心なファンがいるが(当社の場合は公式ファンクラブがある)、当社も例外ではない。そのファンの多くが、「あの豚を返して!」「タスクバーの”K”はどこへ行ってしまったのか?」と何年にもわたり我々に訴えてきていた。

そして少し前のこと、我々は考えていた。彼らが望むなら、返さない理由はないのでは?それに近頃は、製品のカスタマイズも簡単になったことだし…。そして、我々は実行に移した。では、ここに発表する…

あの豚の帰還を!

では、実際どうやって豚の悲鳴とKアイコンを取り戻すことができるのか?説明しよう。

当社の個人向け製品に、最近アップデートが適用された(バージョン19.0.0.1088(e)。ちなみに社内では「K icon and pig (Kアイコンと豚)」のコードネームで呼ばれていた)。このアップデートが適用される製品は、KFAKAVKISKTSKSCKSOSだ。(※訳注:いずれもリンク先は英語版。日本語版はカスペルスキー セキュリティカスペルスキー スモール オフィス セキュリティ

豚とKの話ばかりだが、製品の品質、速度、効率、効力、その他に何らかの影響が及ぶのでは、だって?答えは「ノー」だ。まったく影響しない。よし、では豚とKの話に戻ろう。

手順はこちらだ。

  1. 製品のバージョンが19.0.0.1088(e)以降であること、デフォルト設定が適用されていることを確認する。
  2. OSがWindows 7か、それより古いもの(たとえばWindows XP)であることを確認する。(申し訳ないが、Windows 10では機能しない)
  3. タスクバーの製品アイコンを右クリックし、[製品情報]を選択した状態で、ちょっとしたマジックを適用する…
  4. 今だ、「IDKFA」と入力しよう(大文字で)。
  5. 続いて、アンチウイルスソフトウェアの機能をテストするためのテスト用ファイル「eicar」をダウンロードする(リンク先は英語)。
  6. 製品がブラウザー内でブロックするので、このファイルはダウンロードされない。ダウンロードウィンドウが開く代わりに、…そう、豚が悲鳴を上げる。
  7. 別の方法もある。保護を一時停止するのだ。

同じようにして、Kアイコンを復活させることができる。その場合は「IDKFA」ではなく「IDDQD」と入力する。ところで、もう一度同じ文字列を入力すると、アイコンは標準バージョンに戻る。

なぜ「IDDQD」や「IDKFA」と入力する必要があるのか理由が気になるなら、こちらを見てほしい(リンク先は英語)。

以上だ。豚は帰ってきた。Kもだ!「Lab」を取ってしまったから埋め合わせが必要である、そうじゃないか?

カスペルスキー製品に搭載のエミュレーターテクノロジー

コンピューターウイルスがなぜ単に「ウイルス」と呼ばれているのか、不思議に思ったことはないだろうか。実のところ、やや誤解を招きかねないが、ウイルスという言葉は現在「あらゆるタイプの悪意あるプログラム」または「コンピューターに何らかの悪影響を及ぼすプログラムを表す」のに使われている。ちなみに、引用したのは当社のエンサイクロペディア(英語)にある表現だ。

ただし(引き続きエンサイクロペディアを引用する)、「厳密に言えば、ウイルスとは、プログラムコードのうち、複製して」拡散するものを指す。インフルエンザウイルスなどの生物学的なウイルスがそうであるように。

不思議なことに、そのように定義されたウイルスたちは、何年も前に消滅してしまった。最近の悪意あるプログラムは、複製することはそれほどないが、コンピューターからデータを盗み出したり、データを完全消去したりするという誠に厄介な機能を持っている。トロイの木馬がその一例だ。とはいえ今でも、「コンピューターセキュリティの技術」と聞いて何を思い浮かべるかと尋ねられたら、大方の人は、実験用の白衣化学化学防護服に身を包んだ科学者が試験管を手にして危険物を隔離しようとしている様子を想像するのではないだろうか。実際には、生物学上のウイルスを処理するときにしかそんな場面は必要ないのだが。

つまりこういうことだ。コンピューターウイルスは死滅した。しかし、ウイルスの検知と「駆除」(これもまた微生物学から持ち込まれたおかしな表現だ!)に使用されていた分析の手法は現在も有効であり、開発が続けられている。そして今でも、最新のウイルスマルウェアとの戦いに大きく貢献している。そのような「昔ながらの」テクノロジーの1つに、エミュレーターがある。

続きを読む:カスペルスキー製品に搭載のエミュレーターテクノロジー

Flickr

Instagram

Kaspersky Free:世界を守る

やあ、皆さん!

お知らせしたいことがある。我々は、Kaspersky Freeという製品をリリースする。名称からお察しのとおり、無償のアンチウイルス製品だ。

この製品のリリースには、1年半かけて取り組んできた。いくつかの地域でパイロット版を展開し、調査、分析、マイナーチェンジ諸々を実施する中から、我々は以下の推論を導き出した。

  • この無償版アンチウイルス製品は、当社の既存の有償版製品とは競合しない。有償版には、ペアレンタルコントロールネット決済保護、セキュアコネクション(VPN)といった、無償版にはない、価格に見合ったプレミアム機能が搭載されている。
  • 高機能の製品にお金をかけられない人は多く存在する。そういう人たちは、昔ながらのフリーソフトウェア(マルウェアがすり抜け可能な穴を多く抱えているものだ)を使っているか、Windows Defender(!)に頼っている。
  • Kaspersky Freeのインストール数が増えれば、全ユーザーの保護のクオリティにポジティブな影響が見込める。ビッグデータの力による機械学習に磨きがかかるためだ。

これら3点から、Kaspersky Labの無償版製品を早急に全世界へ展開するべきとの結論に至った。

続きを読む:Kaspersky Free:世界を守る

本ブログを購読するには、メールアドレスをご登録ください。新着記事をメールでお知らせします

普通なら耳にすることもない機能:2017年バージョン

Kaspersky Labは世界を守り続けてきた。今年で…何と19年だ!厳密に言えばもう数年長いのだが、Kaspersky Labを(英国)企業として登録したのが19年前のことなのだ。

悲しいことだが、「世界を守る」のは一度限りのこと、1回守ればそれで終わり、などということはあり得ない。サイバー脅威は今この瞬間にも進化し、その影でサイバー犯罪者が新たなカモを探して絶えずデジタルの世界を徘徊している。そう、この世界が100%安全になることは決してない。だからと言って打つ手がないわけではない。さまざまなデバイスを使い、それぞれ違った生活を日々送っている世界中の億単位の人々には、各自の個人情報やデータを保護し、オンラインストアやネットバンキングを安全に利用し、デジタル世界の悪党やサイバー変質者、詐欺のプロどもから子供たちを守る手段が残されている。

続きを読む:普通なら耳にすることもない機能:2017年バージョン

KICSで産業用設備を保護しよう

バンザイ!

このたび当社は Kaspersky Industrial CyberSecurity(KICS)の提供を開始した。これはいわばサイバー感染症に対抗するための特別な予防接種だ。これで工場や発電所、病院、空港、ホテル、倉庫、皆さんのお気に入りのデリ、産業用制御システム(ICS)が使われている他のさまざまな業種の多くの企業を保護できる。あるいは別の言い方をすれば、今日、そうしたシステムなしで運営されている企業はあまりないのだから、世界各地で製造業やサービス業に携わる無数の大規模、中規模、小規模企業を対象としたサイバーソリューションと言ってもいい!

では、そのKICSとやらは具体的にはどのようなものなのか?その用途は?それを説明するにはまず、時を遡って…

2000年代に入る前は、産業用設備に対するサイバー攻撃などというものは、SF作家の発想の種になるだけだった。ところが2003年8月14日、米国東北部とカナダ南東部で、SFが現実のものになった。

なんと

電力グリッドに何らかの不具合が起きたせいで、当該地域の5,000万人が停電の被害に遭った。停電は、一部では数時間、一部では数日にも及んだ。この人災の背後にどのような原因があったのか、さまざまな説が唱えられた。木の剪定不足、落雷、悪意のあるリス、そして…コンピューターワームSlammer(Blaster)を使ったサイバー攻撃の副産物だという説も。

続きを読む:KICSで産業用設備を保護しよう

2015年版製品の新機能

Kaspersky Labには恒例の行事がある(といっても、夏の盛大な創業記念パーティ新年のパーティのことではない)。毎年夏(地域によっては秋)に個人向け製品の新バージョンをリリースしているのだ。そう、夏はもう終わってしまった(ん?もう秋も終わるのか?)というわけで、2015年バージョンの新機能で特に興味深いものをいくつか紹介したいと思う。見方を変えれば、当社の新技術で撃退したサイバー犯罪者の最新の手口について解説するということでもある。その技術が2015年版の製品に組み込まれているのだ。

さて、それでは見ていこう…

KIS2015メインカスペルスキー インターネット セキュリティのメイン画面
(カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応プログラム)

続きを読む:2015年版製品の新機能

橋の上をゆく。

私はサンフランシスコが好きだ。

素晴らしく居心地のいい場所だ。フレンドリーで、陽光が明るくて、海沿いに並ぶカフェでは美味なシーフードが供される。中国からの貨物を積んだ大きな船が行き交う湾内の海は穏やかで、いくつもの橋が額縁のように並んでいる。海上にはアルカトラズが浮かび、あらゆるものに密かに目を配っている。

美しい。そぞろ歩きを楽しむ絶好の場所だ。

サンフランシスコの見事さを並べたが、実はほかにいろいろ気にかかることがある。ともあれ、まずは写真をご覧いただこう。

サンフランシスコ

続きを読む:橋の上をゆく。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014の新機能(その1)

めでたいことに、カスペルスキー インターネット セキュリティの最新バージョンが(ほぼ)全世界で発売となった。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応プログラム)自体に興味がある方はこちらから新バージョンをダウンロードしてほしい。アップグレードのガイドラインはここから参照できる。

これもある意味、秋の伝統になりつつあるが、私から皆さんに新バージョンの機能についてお話しするときがやってきた。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014には、数多くの新機能がある。特筆に値するのは、これからやってくる脅威に対する対策だ

まずは新機能について –  これはたくさんある。とにかく数が多いので、個別の記事で(あるいは多少まとめて)紹介していこうと思う。新機能の秘密をすべて解説するには、1つの短いブログ記事では到底収まらない。一晩かけても読み切れないはず…。

では、まず第1弾:

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014は基本的に、すでに強力だった旧バージョンカスペルスキー インターネット セキュリティ 2013に、さらに強力な機能を盛り込んだ製品だ。新バージョンが提供するプロテクションは、さらに堅牢に、さらに良く、さらに早く、さらに強力になった。インターフェイスは美容整形大手術を経て完全に生まれ変わり、主な動作のロジックも全面改修されている。また、オンライン取引の安全を確実にする新機能(ネット決済保護を強化)や、保護者による管理に追加された新機能、悪質なスクリーンロッカーに対する総合的プロテクションが導入されたほか、パフォーマンスの向上や最適化を図る各種新機能によって、以前よりもさらに、意識せずに使える製品に仕上がった。

kis2014_メイン

しかし、このバージョンの中で最高の機能は、私たちが最も力を注いだ機能だ。未来の脅威から守る機能。卑劣なサイバー犯罪者にとっては大変残念なことだろうが、専門的で斬新な機能をいくつか製品に盛り込んだのだ(どれも他社の製品にはない機能であるはず)。タイムマシンを使ったわけではない。サイバー犯罪者の後をつけて、ジャック・バウアーのような尋問を行い、計画している犯罪を白状させたわけでもない。私たちは「儀式」を行って未来を覗き、サイバー世界の悪意ある開発ロジックを大まかに予測し、そのロジックを予防的プロテクションの新技術に取り入れたのだ。

未来の脅威に対する予防的な対策のなかでも特に強調したいのが、パワーアップしたぜい弱性攻撃ブロック法人向けソリューションの特殊技術を個人向け製品に応用したZETA シールド実行アプリケーションの制限、そして不正にスクリーンをブロックするソフトウェアに対抗するビルトインの機能だ。

さて、この夢のように素晴らしくきこえる機能の数々が、実際に日々のコンピューターウイルス対策にどう役立つのだろうか?まずは実行アプリケーションの制限から説明していこう。このような技術が個人向け製品に採用され、複合的なセキュリティを実現するのは世界初のことだ。

続きを読む:カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014の新機能(その1)