タグのアーカイブ: ホテル

霧立ちこめるロンドン

やれやれ。英国の首都で過ごした2日間は大変だった。今回はこの2日間について、ほんの少しの文章と大量の写真でお届けするとしよう…

この2日間は夜明けとともに目覚め、遅い時間に寝床に入る日々だった。3つのカンファレンス + そこでの3回の講演 + たくさんの会議 + 何件ものインタビュー + 何度も渋滞に遭遇 + たっぷり歩く(渋滞を避けるため) + 以上!つまり、仕事ではない面白いことや観光は、一切なかった。つまらん。それでも、この2日でいくらか写真を撮ることはできた。

どんよりとしたテムズ川:


続きを読む:霧立ちこめるロンドン

グアテマラ滞在記その2:ナイト(ホテル)ミュージアム

さて。我々は今、グアテマラにいる。同国中心部の変わったホテルに宿泊し、すっかり落ち着いている。なんとも魅惑的な場所なのだ。今までにも、「ホテル」の定義を広げるような興味深い宿泊施設はあったが、まったく別の施設が併設されたホテルに泊まったことはない。今回はなんと、博物館だ!カーサ・サント・ドミンゴというホテルで、同国の植民地時代の首都アンティグア・グアテマラにある。

Antigua Guatemala 続きを読む:グアテマラ滞在記その2:ナイト(ホテル)ミュージアム

海辺の貝殻とホテル

元の英語記事は201412月9日に公開されました。

リスボンから少し離れたカスカイスという街にあるホテルに泊まった後、このホテルのことを語らずにはいられず、PCの前に座ることにした。これまでかなり多くのホテルを見てきたが、ここは忘れられないものの1つになりそうだ…

ぜひフォルタレーザ・ド・ギンショに来てほしい。シンプルで上品。こじんまりとして、居心地がいい。建物やインテリアが洗練されていて、ミシュランの星付きのレストランもある(我々は地元の大衆食堂で食べたが、ここもミシュランの星に値する)。一言でいえば、快適な宿という訳だ。

ただ、このホテルについてブログで取り上げたいのは、先に述べた数々の素晴らしい点ではない。不動産を購入する際の決まり文句みたいだが、「1にも2にも3にも、ロケーション!」だ。この美しいホテルは大西洋の沿岸、いや、ほとんど大西洋の中に建っている。文字通り、窓のすぐ外は海。岸に当たって砕ける波の騒音音は…まるで睡眠薬のようで、- 羊を数えたり、おまじないを唱えたりしなくても、あっという間に夢うつつの世界に入り込んでしまう。まったく素晴らしい。今すぐ、そこへ戻りたくなってきた!

これは、ホテルを上から見たところ:

Fortaleza do Guinchoソース

こちらは、地上から見たところだ:

portugal-hotel-2宮殿のような、ユニークな建物だ

portugal-hotel-3断崖シリーズは続く…

続きを読む:海辺の貝殻とホテル

ハムヤードの屋上はサラダ農園

やあ、皆さん!私は今、ロンドンの中心部ソーホーにいる。このロンドンの一画には、健全なものから少し怪しげなものまで、上品なものから不遜なものまで、ありとあらゆるものが揃っているように思える。宿泊先は、見事なまでに独創的なハムヤードホテルだ。ここで予想外のものに出会うとは予想していなかった(事前に調べていなかったからだが)。ソーホーの近くで予定があり、泊まる場所が必要だったため、急いでホテルを予約したのだ。しかし、このホテルは驚きに満ちている。特に度肝を抜かれたのが屋上だ。巨大な菜園が屋上スペース全体を占めている!大都会の真ん中だというのに!

ハムヤードホテル、ロンドン

続きを読む:ハムヤードの屋上はサラダ農園

ドイツのQRホテル

Guten tag、皆さん!

私は今、ヨーロッパ横断特急の旅にある。道中、あまりにも気になる光景が目に飛び込んでくるので、読者の皆さんにシェアしなければ、という義務感にかられている。ということで、いってみよう。

その1

ドイツのアウトバーン、フランクフルト-ハノーバー間でよく見かける車は?最新のスピーディな車、それはもちろん。では、あまり見かけない車といえば?答えは簡単、古いモデルの車だ。ビンテージ級のザポロジェッツを見つけたときに私がどれほど衝撃を受けたか、ご理解いただけるだろうか。それもモスクワのプレートがついたやつだ!なんと!フルスロットルでぶっとばしてはいるものの、ガタガタカタカタ音を立てて周囲の注意を引き、周辺はスピードが落ちてアウトバーンらしからぬ感じになっていた。これは…!まさにウクライナのレトロ襲来。

germany_zap1VWビートルへのアンサー by ソ連

続きを読む:ドイツのQRホテル